新たな選択肢が浮上!

NewMachine購入計画に、新たな選択肢が浮上しました。
それは、YAMAHA MT-09なのです!

YAMAHA MT-09
セパハン・フルカウルなSSマシンしか目が行かなかったところに、バーハン・ネイキッドマシンが浮上してくるなんて、思いもよりませんでした。

先日のスペック比較表に、チョイ付け足してみます。

899Panigale Daytona675R MT-09
エンジン種類 L型2気筒 並列3気筒 並列3気筒
排気量 899cc 675cc 846cc
最高出力 118PS@8,500rpm 128PS@12,500rpm 110PS@9,000rpm
最大トルク 98Nm@8,500rpm 74Nm@11,900rpm 88Nm@8,500rpm
車両重量 197kg 200kg 191kg
燃料タンク 17L 16L 14L
ブレーキ ABSあり ABSあり ABSあり
クイックシフター あり あり
スリッパークラッチ あり あり
トラコン あり
Fタイヤ 120/70 ZR17 120/70 ZR17 120/70ZR17
Rタイヤ 180/60 ZR17 180/55 ZR17 180/55ZR17
税込車両価格 191.31万円 158.5万円 89.96万円

価格は、なんと税込90万未満!
すげー安い!DUCATIの半分以下だぜ!
価格が安い分、所有感とかは薄れるでしょうけど、そこはあまりこだわりがないので問題なし!

軽さはスゴイですね。頭ひとつ抜けています。
パワーもトルクも十分あります。
タイヤサイズも現実的で、選択肢が豊富にありますね。

SSみたいなコンマ何秒のタイムを削るガチ走りじゃなく、ファンライドが楽しめそうな予感がします。
もともとサーキット走行については、気持ちいいペースで走り抜けられることを求めていたので、このマシンはピッタリくるかも…。

それに、YAMAHA党のkurokiとしては、できればYAMAHAに乗り続けたいという思いもありまして。

ちなみに発売日は、二ヶ月後の4月10日になります。
この機種もアリかもなあ、とかなり真剣に思い始めました。