MT-09 EXCLUSIVE試乗会 その1

MT-09 EXCLUSIVE試乗会のご案内

袖ヶ浦の試乗会に当選!

袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われた「MT-09 EXCLUSIVE試乗会」に当選しました!
同じく当選したyasuoさんと一緒に、袖ヶ浦へ行ってきましたよ。

なんでも、240名の枠の中に1,500名が応募したそうです。
当選確率7.5倍の狭き門ですが、申込時に自由入力欄に意気込みを書けたので、当選できたのでしょう。きっと。

ちなみにkurokiの意気込みは、こんな内容を熱く書きました。

  • XJR400→XJR1200→TRX850と乗り継ぎ、YZF-R1も所有しているYAMAHA党
  • YZF-R1の乗り換え検討中に、久々にハートに刺さる機種が発表されたので、ぜひ試乗したい
  • 他にもDUCATI 899Panigale、Triumph Daytona675Rも検討している

MT-09の実車拝見

yasuoさんのクルマに同乗して、袖ヶ浦フォレストレースウェイに到着!

MT-09 EXCLUSIVE試乗会の受付
MT-09の実物が並べられており、がぜん気持ちが盛り上がります。

我々の試乗枠は12:00から。
受付を済ませた後、会場に置かれている実車を、なめ回すようにチェックしましょう!

ヘッドライト周り
写真で見た時は「う~ん」と思ったライト周りですが、ヘッドライトは凝った造形で好印象に。
でも、メータ裏の配線はバイザーで隠したいですね。

マルチファンクションディスプレイ
マルチファンクションディスプレイ。
小ぶりですが、必要な機能がぎゅっと揃っています。

キルスイッチと一体型なったスターター
キルスイッチと一体型なったスターター。
スイッチを手前にずらすと、軽いフィーリングでエンジンに火が入ります。

ジェネレーターカバー
ジェネレーターは樹脂で覆われています。騒音対策のため?

ステップ
滑りにくく加工されたステップ。やっぱりこうでなくっちゃね!

曲線的にうねったエキパイ
曲線的にうねったエキパイ。この造形は欧州からの要請だそうです。
ジョイントのパイプは、敢えてメッキされていません。
焼けて黒くなって目立たなくなることを想定した設計です。

チャンバーとサイレンサー
マシン中央最下部にまとめられた、チャンバーとサイレンサー。
この造形で、キチンと日本の法規をパスしているのがスゴイ!

Y’s GEARのオプション品も揃ってます

Y’s GEARのオプション品を装着したMT-09も展示されていました。
これは物欲がそそられます…。

フライスクリーンとLEDウィンカー
メーター側から見たフライスクリーン
スクリーンは寸法さえ合えば好きなモノを使えます
フライスクリーンと、LEDウィンカー(カーボン)が装着されています。
やっぱりMT-09は、スクリーンを装着して完成するデザインですね。
乗車時は、スクリーンは視界に入りませんので、透過しないカーボン調でも問題なさそう。

メッシュエアーインテークカバー
メッシュエアーインテークカバー。ドレスアップパーツです。
ここを外すと、アクセサリー充電用のDCコネクタと、ヒューズボックスが現れます。
ヘッドライトヒューズは、ここの5番ヒューズです。

ラジエーターカバー
ラジエーターカバー。これもドレスアップパーツです。
フレームの色に合わせて選ぶと良さそうです。

ソフトサイドバッグ
ソフトサイドバッグ。
荷物入れがほとんど無いMT-09なので、こういったバッグで積載を稼ぐしかありません。
雨具、フクピカ、温泉セットなどを入れておくかな。

ソフトサイドバッグ専用ステー
ソフトサイドバッグの装着には、このステーが別途必要です。

そうこうしているうちに、我々の試乗枠の時間になりました!
インプレは次回!