Triumph Daytona 675に乗ってみた

Circuit Fan Festa

筑波サーキットコース1000で行われた、Circuit Fan Festaというイベントに参加してきました。

肌寒く路面温度が低いコンディションに加えて、久しぶりのTRX850でのコース走行でもあって、まあ走れない走れない。
特に右コーナーが深刻で、路面状況が不安→トラクションがかけられない→ヒザが擦れない→姿勢がふらつく→シートすべって怖いという悪循環に。
淡々と周回を重ねるうちに、ちょっとずつ感覚を取り戻してきましたが、右ヒザが路面になかなか近づきません…。

トライアンフ横浜北主催の試乗会

Circuit Fan Festaの中で行われている、トライアンフ横浜北主催の試乗会に申し込んでいまして、4回ある周回のうち、最後をDaytona 675の試乗にあてることができました。
もっとも、先導付き&追い越し禁止のDクラスでの走行でしたけども(普段はAクラス)。

インプレッション

Daytona 675
Daytona 675
日本仕様のマフラー

  • ×フロントカウルのデザインがオモチャっぽくて残念
  • ×日本仕様のマフラーは、見た目がイマイチ
  • ×クラッチを切らないと、エンジンがかからないセーフティシステムはうっとうしい
  • ○とにかく軽い、取り回しも軽い
  • ×停車時から発進するときのトルクが、ものすごく薄い
  • ×軽い車体なのに、薄いトルクのせいで、発進に気を遣う(まるで2st)
  • ○コースに入って周回し始めると、怒濤のトルク!
  • ○上まで回したときの「くぉーん」というサウンドとスピードの乗りは快感!
  • ○3気筒のフィーリングは、マルチとツインのイイトコどりという感じで、かなり好み
  • ○凄まじい旋回能力。目指すラインをコンパクトにビシッ!となぞってくれる
  • ○ポジションは最高に好み。サーキット走るならこうじゃないと!
  • ○ブレーキはよく効くけど、フルブレーキング&コーナリングは試せなかったので不明
  • ○サスは柔らかめなので、TRX850乗りのkurokiには馴染みやすい
  • ○コース走行においては、とんでもなく楽しいマシン!

TRX850には全然乗れなかったkurokiが、このDaytona 675だと嘘みたいに乗れるようになりました。

トラクションもかかって、右ヒザもガーリガリ。
気持ちいい旋回Gと堪能した後、気分良くサーキット走行を終了しました。

そして、すっかりこのマシンが気に入ってしまいました。
コース走行メインで考えるなら、Daytona 675はめちゃめちゃアリですねえ。
軽いし、曲がるし、パワフルで楽しい。ステキなマシンでした。

MT-09契約後に試乗して、ホントに良かったです!

乗り比べていたら、確実に迷ってましたからw

帰り道はTRX850でしたが、これはこれで味わいがあって楽しいですね。
ツーリングに使うなら、絶対TRX850!と思いましたよ。