YAMAHA MT-07試乗記

YAMAHA MT-07

YSP杉並南で、YAMAHA MT-07の試乗車に乗ってきました。
TRX850と同じ270度クランクのパラツインが搭載されたマシンなのです。TRX850オーナーとしては、興味しんしんなのであります。

試乗コースはストレート中心。車両は慣らし中なので、動きが渋いところがあります。
そこんとこを割り引いて、試乗レポートをご覧ください。

試乗レポート

YAMAHA MT-07

サイドスタンドから車体を引き起こした時、「軽っ!」と言わずにいられなかったほど、明らかに軽さを感じる車体です。MT-09よりも断然軽いですね!
エンジン始動。クラッチをミートさせて、そろそろっと発進すると、パパパパっと言うパルス感で。マシンがツインであることを主張してきます。
走り始めてすぐに、ライディングポジションのコンパクトさに気づきます。背筋を立てた殿様乗りも、腰を引いた土下座乗りも、どちらも無理なくこなせます。特にシートは上々。前下がりが少ないのと、前後の着座の自由があって、好印象です。座り心地もいいですね。

環八との交差点にさしかかり、ブレーキングとシフトダウンで車速を落とします。
MT-09に比べて、なだらかに車速が落ちていきます。MT-09に比べてミッションも渋めで、しっかり入れてやる必要がある印象。

停車直前にクラッチを切ってビックリ!
アイドリングストップが付いてるの?と思うぐらいに、アイドリング音や振動が小さくなります。
信号が青になって、発進させようとしたところ、半クラがつかみにくくて焦りました。騒々しい中の橋交差点では、音や振動が小さすぎるのです(マシンに慣れたら解決する問題ですが)。

交差点を曲がったり、車線を変更する時は、シートのイン側に軽く荷重をかけると、スッと車体の向きが変わります。
ハンドリングは変な癖は全くなく、実にナチュラルな特性。いい感じにターンできて気持ちいい!

井の頭通りに入ると、再び直線です。アクセルをひねって加速してみます。
粒の揃ったビートで車体を震わせながら、するするっと速度を上げていくMT-07。
TRX850よりも澄んだビートで、あっさりと回転が上がっていきます。新設計されたパラツインは、雑味が少なく効率が良さそうです。
車両の軽さもあって、簡単に速度が乗ります。必要十分なダッシュ力を有していますね。

しかしながら、乗り味はかなり薄まってしまいました。加速する楽しさは、TRX850に遠く及びません。
MT-09も澄んだ感じの加速ですが、トルクの塊で弾け飛ぶようなやんちゃさがあるので、TRX850と違う特性の加速が楽しめます。
MT-07の加速は、両車と比べてしまうと凡庸さは否めません。

他にもいくつか気になる点が見えてきました。

まず、クラッチが重たいです。ミッションの渋さもあって、全般的にシャッキリしない感じ。

ブレーキの効きは緩いです。焼入れが済んでないから?初心者向けにガツンと効かせない設定にしているから?いずれにせよ、強めにブレーキかけないと、イメージ通りの制動を得られませんでした。なお、普通に効きますので、誤解ならなぬよう。

サスの動きも固いです。ギャップ通過後の落ち着きがなく、ダンパーがお釣りを吸収しきれていない動きを感じます。

走りだすまではMT-07の方が軽く感じましたが、走りだしてからはMT-09の方が軽く感じます。
MT-09に比べて鈍い加速、効きの緩いブレーキ、重たいミッション・クラッチなどが、そう思わせるのでしょう。

TRX850に比べると、21世紀のバイクだと感じますが、洗練された分、退屈です。
もっとも、kurokiのTRX850は、ノーマルよりも濃い味付けになっていますので、比べるのは酷なんですが。

R20に入ってすぐ、YSP杉並南に到着。
短い試乗でしたが、いろいろなことを感じられて有意義でした。

スペック比較

3車のスペックを横並びで比較してみましょう。

MT-07Aの軽さが際立ちます。ホイールベースも短くてコンパクトですね。
タイヤサイズは07と09が一緒です。MT-09は新設計ホイールですが、07でも同じホイールを使いまわしていると思われます。
タンクは13Lと少なめですが、新規設計されたエンジンは燃費もよく、車重も軽いので、航続距離は200km~250kmは期待できそう。ちなみにTRX850は18L入りますが、燃費が悪いので航続距離は250km未満です。

MT-07A MT-09A TRX850
エンジン種類 並列2気筒 並列3気筒 並列2気筒
排気量 689cc 846cc 849cc
最高出力 73PS@9,000rpm 110PS@9,000rpm 83PS@6,000rpm
最大トルク 68Nm@6,500rpm 88Nm@8,500rpm 84.3Nm@6,000rpm
車両重量 182kg 191kg 206kg
燃料タンク 13L 14L 18L
エンジンオイル 3.0L 3.4L 4.2L
シート高 805mm 815mm 795mm
軸間距離 1,400mm 1,440mm 1,430mm
ABS あり あり なし
Fタイヤ 120/70 ZR17 120/70ZR17 120/60ZR17
Rタイヤ 180/55 ZR17 180/55ZR17 160/60ZR17
Fサス 正立式 倒立式 正立式
Rサス モノショック モノショック モノショック
発売時期 2014年 2014年 1995年
税込車両価格 74.95万円 89.96万円 85万円

総評

MT-09&TRX850乗りのkurokiには、率直に言って刺激が足りません。
しかし、MT-09の刺激が強すぎる方には、MT-07は受け入れられそう。

全体的にナチュラルで乗りやすく、よくまとまっているバイクです。車体も軽くて楽しい。
大型初心者やリターンライダーなど、運転に自信のない方には、とてもオススメできます。
ハイパワーマシンに振り回されるのは辛いですよ。YZF-R1に挫折してMT-09に乗り換えたkurokiが言っときます。

YAMAHA MT-07 エンジンとフレーム
販売価格を抑えるため、コスト削減の形跡が随所に見られてチープな印象を受けますが、エンジンやフレームなどはキチンと作り込まれています。

YAMAHA MT-07 フロントフォークとブレーキキャリパー
サスとブレーキ周りを一新すれば、大化けしそうな予感。
YAMAHA開発陣の良心を感じます。

YAMAHA MT-07
マフラーも交換して、元気よく走りたいですね!

追記

SUGO祭り2016 復路ツーリング編で、G senseで足回りをチューンしたMT-07に試乗させてもらいました。
足回りをアップグレードしたらMT-07は化けるってことを、しみじみ実感しましたよ。