Circuit Fun Festa

Circuit Fun Festaという走行会に、MT-09で参加してきました。

場所は筑波サーキットコース1000。
トップスピードは120km/hぐらいのショートコースなので、MT-09向きのコースのはず。
どんな走りができるか、楽しみなのです!

筑波サーキットゲート前
午前7時前。筑波サーキットに到着。
しばらく待った後、ゲートオープン。
PITスペースを確保してから、受付を済ませ、走行準備を始めます。

ヘッドランプヒューズの取り外し

  • 灯火類のテーピング
  • ミラーの取り外し
  • ヘッドランプヒューズの取り外し
  • 計測器の取り付け
  • ゼッケン番号の取り付け

などを済ませて車検へ。

すんなり車検に合格
特に問題なく車検は合格です。

上がらないペース

私の走行枠は、Aクラス。
速い人たちの中で走ると、引っ張ってもらえるし、ラインの参考になるし、適度に抜いてもらえるので、楽なのです。

淡々と走行中
淡々と周回を重ねますが、タイムは43秒〜45秒をウロウロ。
ちゃんと乗れてないことを計器が教えてくれます。
RSV1000milleに乗っていた時は、40秒台で周回していましたので。

淡々と走行中
ある程度ペースが上がっても42秒台で、最後まで41秒台に入ることはありませんでした。
MT-09用の走りができていないんでしょうね、きっと。

お手本発見!

ちょうど同じクラスに、MT-09のライダーさんがいらっしゃいました。
普段はZX-10Rでコース走行を楽しんでおられるそうで、MT-09にも魅力的なカスタムが施されていました。

魅力的なカスタムMT-09

  • OHLINSフロントフォークスプリング&フロントフォークカートリッジキット
  • OHLINSリアショック
  • bremboラジアルマウントマスターシリンダー
  • bremboフロントブレーキキャリパー
  • AGRASバックステップ
  • IRON PONY ECU書き換えリミッターカット

いやあ、私がやりたいと思っていたカスタムがことごとく導入済み。
実際に生きたインプレも伺えたし、とっても参考になりました。
走りも速かったし!

※写真もバシバシ撮りましたが、別の投稿に譲ります。

イマイチな走り
お手本の走り

自宅に戻ってから、その方と私のフォームを比較すると、いろんなことが見えてきました。
一言で表現すると、フォームがいけてない!

以前、TDM850乗りのyasuoさんから、アップハンのフォームができてないと指摘されたのを思い出しました。
あの時は今ひとつピンと来なかったのですが、こうして同じバイクで速い人との走りを見比べてみると、その差歴然!

後ろから見るとイマイチさがよく分かる

  • イン側へ上体をもっと向けないといけない
  • イン側のつま先が開いてしまっている
  • イン側の膝がムリ膝っぽい

これらを改善できれば、足踏みしている状況を打破できるかもしれません…。