GWビーナスラインツーリング

GWの初日に行った信州ソロツーリングの後、信州のバイク仲間Saikiさんから、一緒に走りに行きましょう!とお誘いを受けました。
天気予報は晴れの予想。またまた信州へツーリングに行くことにしちゃいました。

6:00に自宅を出発します。

9:00に長野道岡谷IC近くのコンビニで待ち合わせてますので、6:00に自宅を出発します。
中央道を行くセオリー通りのルートではなく、今回は関越道・上信越道経由で行ってみることにしました。

10分遅刻で、長野道岡谷IC近くのコンビニに到着。
しかし、見積もりが甘かった。結局10分ほど遅刻してしまうことに。
すいません、Saikiさん,..。

朝飯を軽く食べつつ、本日のルートを相談。
まずはビーナスラインの美ヶ原高原美術館まで走ることになりました。

久しぶりのビーナスライン

R20→R142→和田峠→r194とつないで、途中からビーナスラインに入ります。

久しぶりに走ったビーナスラインですが、路面の荒れっぷりにビックリ。ゆっさゆっさと車体が上下に揺すられる箇所がいくつもあります。
地元ライダーであるSaikiさんが先導されるので、ある程度のペースを維持できます。でも、クルマのパスなどで離されてしまうと、怖くてもうペースダウン…。
それに、無理に追いかけなくても、先を行くSaikiさんがポイントごとに待っていてくれます。

走り慣れたバイク仲間の、暗黙の了解が心地いいのです。

美ヶ原高原美術館の駐車場に到着しました。
美ヶ原高原美術館の駐車場に到着しました。いつもながら、絶景ですな!

美ヶ原公園西内線

白樺が美しい美ヶ原公園西内線(r464)。
美ヶ原公園西内線(r464)を降りていきます。白樺林を抜ける高原ならでは光景ですね。

今度はkurokiが先行で、Saikiさんが追走役です。
今度はkurokiが先行で、Saikiさんが追走役です。

急坂・つづら折れのコーナーが続く荒れた路面を、エンブレを効かせながら2速で下りていきます。ヘアピンコーナーではフロントブレーキを残しながらクルッと回ります。最近カスタムしたkuroki号の挙動が理解しやすい道です。

r62の長い下り坂が気持ちいです。
r62に入ると、気持ちのよい長い下り坂が続きます。
雲に乗ったような気分で、ふわふわと下っていきます。

r62の長い下り坂が気持ちいです。
実はこの道、バイクに乗り始めて初のキャンプツーリングで走った思い出のルートなのです。あのときは94年式のXJR400で、目に映るものすべてが新鮮でした。感慨深いものがありますわ…。

柏ナンバーのオレンジのMT-09に遭遇!
R152の交差点にあるコンビニで休憩をとります。
偶然、オレンジのMT-09に遭遇したので、オーナーさんとちょっとした交流を楽しみました。

千曲川ビューライン

R152→R254→R142→r40(千曲川ビューライン)を走って小諸へ向かいます。
この千曲川ビューラインも、kurokiのお気に入りの道です。景色はなんてことない地味な広域農道なんですけど、走りのリズムが好みで、爽快に走れるんですよね。

またそば七に来ちゃいました!
そして、またそば七に来ちゃいました!

一日十食限定の石臼手びき蕎麦です。
一日十食限定の石臼手びき蕎麦をいただきます。

美味しい蕎麦でシアワセな気分になった後は、珈琲でも…と行きたいところですが、今日は早めに引き上げることに。明日から仕事があるのと、渋滞を避けてさっさと戻りたいという、軟弱な理由からでございます。

横川SAでガスチャージして、一気に練馬へ戻ります。
横川SAでガスチャージ。そのまま一気に走ります。
懸念した渋滞もなく、約2時間ほどで練馬へ到着しちゃいました。

さすがに今日は、ちょっと走り足らない気持ちがありますが、いい歳したオッサンには無理は禁物でございます。
実はGW初日ツーリングの後、身体にかなり疲れが残ってしまったのですよ。とほほ。