師匠(WITH RUN)の教え

WITH RUNライディングスクールで、宇井選手と小室選手から受けた教えを、書き留めました。

わかりにくいことや、意味の伝わりにくいことがあったとしても、ひとえにkurokiの力量不足であります。
詳細を確認したいときは、ぜひWITH RUNにご参加くださいね☆

師匠の教え

ライディングフォームはとても重要です。

なんとなく走っても、ある程度までならいけます。
フォームをちゃんとすると、疲れず長時間走れるようになります。
そのためには、自然に身体が動くようにすることです。

その場でいきなり身体が動いたりは、なかなかしません。
普段の生活の中でも、ライディングフォームの練習はできますよ。

ライディングフォームについて

  • 外側の肩は、バイクにかぶせるようにする
  • 内側の腕は、アスファルトへ近づけるようにする
  • 外側の太ももで、マシンホールドする
  • 外側のステップは、踏ん張らないでいい
  • 内側のステップは、荷重をかけてしまうと曲がれない
    • 足の小指で前から押すようにして、そっと添える感じにする

ブレーキング&シフトダウンについて

  • 両足の膝カップを使ってマシンホールドする
    • 倒しこみ開始まで内側の膝を開かないこと
    • 内側の膝を開くと空気抵抗になる上、マシンが斜めに押し出されてしまう
  • 半クラを使いながらシフトダウン
    • 全部クラッチを切らないこと
    • 半クラを上手く使えばブリッピング不要
    • フロントフォークを沈めたまま、回転の高い状態ですばやくつなげること
  • ある程度速度が落ちたら、タンクに沿って斜め前へ身体を落とす
  • 強くブレーキングしたときこそ、丁寧にブレーキリリースする
    • パッと離すと素早くフォークが戻るので、姿勢が乱れてしまう

ハンドルについて

  • ハンドルから力を抜くのはコーナリングの時だけでいい
    • 舵角がついたらバイクは勝手に曲がる乗り物
  • ブレーキング時に腕に力が入るのは当然
    • 200キロ以上の物体を止めようってわけだから、身体が強張るのは仕方ない
    • むしろ、その後いかに力を抜けるかがポイント

タイヤについて

  • アクセルオフとブレーキングで、フロントタイヤとブレーキが温まる
  • アクセルオンでリアタイヤが温まる
  • 直線で急加速&急制動だけで、タイヤは温まる
    • バンクしなくてもタイヤ全体が温まる
    • 前後にバイクを揺らすようにする
  • コーナリング中は1mmでもフロントフォーク縮めてタイヤを潰さないと、本来のグリップが得られない
    • なめるようにフロントブレーキをかけるとよい