zumo660の地図更新

kurokiはバイク用ナビを、リアルタイムに動く地図として活用しております。
道案内として利用する頻度は、体感で1割にも満たないぐらいですね。

MT-09に装着しているのは、HONDA GathersM3というGARMIN zumo660のOEM品です。

地図の検索精度や操作性の面では、スマホに搭載されているナビのほうが、ずっとずっと有能で使いやすいです。
しかし、以下の条件を満たすハードウェアはあまりないため、仕方なくzumo660を使い続けているのが現状です。

  • グローブしたまま使えること
  • 防水であること
  • 振動でへこたれないこと
  • 熱がこもらないこと

実は先日も、ナビのリプレースをくわだてて、あれこれ調査していました。
Yupiteru MCN46siが、現状一番デキのいいナビだそうですが…率直に言って、買い換えたくなるほどの物欲がわきません。

仕方ない。もうしばらくはzumo660を使い続けよう。

そう腹を決めたので、せめて地図だけは最新の状態に更新しようと思いまして。
なにしろ購入した2009年6月から一度も更新してなかったんで、圏央道や北関東道など新しい道を使うときに、地味に不便を感じていたのですよ。

センドバック更新

zumo660の地図更新は、ちょっと手間と費用がかかります。

  1. いいよねっとのオンラインストアで「日本詳細道路地図(シティナビゲーター)センドバック更新」を購入(16,200円)
  2. 自動送信されたメールを購入証明書としてプリントアウト
  3. いいよねっとへzumo660と購入証明書を同梱して、宅配便で送付
  4. 地図が更新されたzumo660が宅配便で届く

これが面倒で今まで及び腰だったのですが、やるぞと決めてからはスパスパ行きました。
水曜日の夜にセンドバック更新を購入、木曜日の夕方に送ったら、土曜日の午前中に届きましたよ。お仕事早いね、いいよねっとさん☆


で、開封。


地図データのバージョンも最新のVer.16になっているようです。

新しい地図なら、地味に便利さを感じることでありましょう。きっと。

が、しかし…。

グローブしたまま使える防水・防振筐体のAndroid OS搭載ナビが出れば、絶対買うんだけどなあ。