【コラム】バイク乗りの腕時計

腕時計なんていらないよ。
スマホがあれば十分だよ。

と言われる方も多い昨今ですが、腕時計を愛用している方はまだまだ多いと思いますし、kurokiもその一人であります。

なので今回は、バイク乗り視点で腕時計を語るコラムなのです☆

G-SHOCKラインアップ


kurokiはG-SHOCKを愛用しています。
防水・防振仕様、雑に扱ってもへっちゃらなG-SHOCKは、バイク乗りにピッタリな腕時計でしょう。

そして、どの腕時計を使うかは、その時の気分によって選んでますな。

利用シーン

走ってるときは腕時計を見ることはありません。だって、ウエアやグローブに覆われちゃってますからね。
もっぱらバイクナビ付属の時計ばかり見てます。


腕時計を見るのは、バイクに乗っていないときがメインです。
休憩中にサッと時間を確認するのに使ってます。手癖みたいになってますね。

また、kurokiは温泉に入るときも腕時計したままなんですよ(笑)。
例えば、マスツーリングで温泉に行くと、露天風呂の中でバイク談義に花が咲き、時間を忘れることがあるんです。そんなとき、腕時計がタイムキーパーとして役に立ちます。
旅館に到着して温泉で汗を流してから宴会へ行きたい、でもあんまり時間ないってときにも活躍してくれます。


そして、サーキットの走行会では、タイムスケジュールに従って行動することになります。
自分の次の走行時間を知るのに、腕時計が活躍してくれます。
コースを走るときは外しますので、フェンスなどに巻きつけて壁掛け時計として使うこともありますね。

いずれにせよ、目線を移すだけのゼロアクションで、サッと時刻がわかることが重要なのです。

デジタル or アナログ


読みやすければ、正直どっちでも構わないと思ってます。

ちなみに、バイクのタコメーターはアナログが好きです。おおよその回転を瞬時に読みとって、ギヤチェンジしたいからなんです。
スピードメーターはデジタルが好みです。タコほど瞬間的に読み取る必要はありませんし、正確に数値がわかる方が、むしろありがたい。

kurokiにとっての腕時計は、スピードメーターの位置付けに近いかも。

クオーツ or 機械式


時刻を正確に測ることが時計の本分と考えているkurokiなので、正確なクオーツを選びます。
ちなみにコレは、スーツなどのフォーマルな時に使用しているGrand Seiko

とはいえ、腕の中に小さな機械がギッシリ詰まって動いている機械式時計にも、魅力を感じます。萌えます!
ホントは、クオーツの正確性と機械式の趣味性を併せ持つ、スプリングドライブムーブメントが欲しいのですが…。いかんせん高過ぎる!

ストップウォッチ


サーキット行くならストップウォッチも使うんでしょ?と聞かれることがあるのですが、実はまったく使いません。

自分のラップタイムの計測は、専用の計測器でやるもんです。走行中に腕時計の操作なんて、できませんからね。
また、他の人のタイム計測は、スマホのストップウォッチが便利です。操作しやすいし、履歴も残りますし。

まとめ

腕時計は結局のところ、実用性を兼ね備えたファッションアイテムです。
そして、個人の趣味や嗜好が色濃く反映されることが多いアイテムなのです。

そう、まるでバイクと同じようにね!