スパルタくねくねツーリング


くねくねと峠道を走り回るスパルタツーリングを開催しました。
今回参加したマゾなライダー達は、以下の通り!

  • Ando@YAMAHA YZF-R1
  • Ohta@BMW R1200RS
  • kuroki@YAMAHA MT-09
  • ナオエ@YAMAHA TRX850
  • Hasegawa@YAMAHA FJR1300

本日はくねくね道を思う存分堪能しましょうぞ!
そして、カスタムシリーズ2の効果検証の続きをするんだもんね☆

R462(スパルタ度★)

7:00。関越道高坂SAで集合して出発。
淡々と燃費走行で移動して、本庄児玉ICで一般道へ。


R462の神流(かんな)湖沿いのワインディングロード、十石峠街道を走ります。


路面状況がよく、道幅も広く、交通量が少ない。
絶好のコンディションの峠道を、ハイペースで飛ばします。


渓流沿いのルートになると、テンションもぐんぐん上昇するのです。


道の駅万葉の里でひと休み。
はー、走った走った!

R299(スパルタ度★)


R299はハイペース走行が可能な、ストレートの多いコース。
みんなでちょっと速めのペースで流すのが、とても気持ちいい!


ぶどう峠への玄関口に到着しましたよ。
さてさて、ここからスパルタルートの、始まり始まり!

r124(スパルタ度★★)


r124は見通しが悪くて狭く、荒れた路面のコーナーが延々と続きます。



そんなのお構いなしに、意気揚々とコーナーへ挑む人たち。



スパルタツーリングと銘打ったのに、わざわざ集まってきた好き者ばかりですからね。
こんなルートでも、楽しそうにスイスイとコーナーを抜けていきます。


ぶどう峠で、ちょい休憩。


峠を越えると、怪しい雲に包まれた!
でも、向こうの方に晴れ間が見えるよ!

r480(スパルタ度★★)

r124→r2→R141と走り、松原湖のr480に入ります。


白樺が立ち並ぶ高原の光景を見ると、ツーリングに来たぜ!と叫ばずにはいられないkurokiです。


ナオエさんもテンション上がっております!

r480はスリリングなワインディングロード。
荒れて波打つ路面をハイペースで駆け上がって、r480の終点にあるレストハウスふるさとで休憩。


浅間山を一望できます!


ブルーベリーソフトが美味しいのでござる!

メルヘン街道〜ビーナスライン(スパルタ度★+)


R299のメルヘン街道を、標高2,120mの麦草峠まで登ってきました。


麦草峠を超えたら、乳白色の濃霧に視界が奪われていきます。路面はもちろんウエットです。
メルヘン街道に続いてr192のビーナスラインも、そんな路面状況でした。

それでも安心して走れるのは、履き替えたBATLAX S21のおかげでしょう。グリップに不安を感じさせません。
逆に磨耗したタイヤのままのAndo号は、イケイケの走りがすっかりシオシオの痛々しい走りになっていました。

ビーナスラインを引き続き走る予定でしたが、この先はどう見ても濃霧。ウエット路面で間違いないでしょう。
なので、白樺湖から女神湖方面へ右折。小諸へ直接向かうルートのr40に切り替えます。

r40 千曲川ビューライン(スパルタ度★)

もくろみ通り、走り出してすぐウエット路面を脱出できました。
広くて綺麗で快適に走れるワインディングロードを、ナオエさんとのランデブー走行で駆け下ります。
走り慣れたjpの仲間がいっしょだと、ハイペースで思う存分走り込めて、とても楽しい!


ちょっと飛ばしすぎたので、しばらく後続を待って。


そして再びr40を走り出します。
ちょっと速めのペースで、あたたかで爽やかな空気の中を流すのが、ホントに気持ちいい!


千曲川ビューラインに入ります。


ほのぼのとした光景の中をビューっと走り抜けて、小諸市街へ向かうのです。

小諸でランチタイム



11:30。ちょっと早めのランチタイムは、お待ちかねのそば七です。
この店に通い始めて、早いもので18年目になりますな。


揚げそばをつまみながら、蕎麦を待ち。


ほどなくして、限定メニューのぼくち蕎麦、レギュラーメニューのざる蕎麦の相盛りがやってきました。

二つの異なる味わいを食べられる、嬉しいメニューなのです。
蕎麦の量も多くて、確かな満足感を得られるのも嬉しいポイント。


向かいのAndoさんは、カレー鴨南蛮をオーダー。
魅惑的なカレー臭を、あたり一面に振りまきます。ううう、コッチも美味しそうだっ!


食後のデザートは、先日も来た自家焙煎珈琲こもろで。
こもろブレンドとレアチーズケーキという、いつものメニューを全員でオーダー。
「kurokiさん、こら美味いわ!」と、Hasegawaさんが感嘆の声を上げるのでした。

r93(スパルタ度★★★)

乗り手が満腹になったら、バイクも満腹にさせましょう。
ガソリンを満タンに給油したあと、上信越道と中部横断道を使って佐久南ICまでワープ。R142→R141経由でr93に入ります。


エメラルドグリーンが美しい雨川ダム湖の前で記念撮影。


これからがメインイベントのハードなスパルタルート!
突入する前に、皆さんの無事な姿を収めておかないとw

先頭を行くHasegawaさんが、FJR1300の巨体を物ともせず、えらい速いペースで駆け抜けていきます。しかも走る姿も美しく、見惚れてしまいます。
Hasegawaさんがラインを作ってくれるおかげで、追走するナオエさんとkurokiは、楽にスパルタルートを攻略していけます。

荒れた路面でも安心感のあるハンドリングを、S21ステアリングダンパーが与えてくれます。
クロモリアクスルシャフトは、こんなルートじゃ手を焼くかと思ってました。ところがどっこい、ダイレクトな反応が思いのほか走りやすくて、すっかり気に入ってしまいました。



いやあ、スポーツしたぜ!

r45 R299 R462(スパルタ度★)

スパルタルートのr93の後は、走りやすいr45を楽しんで、R299とR462をハイペースで走りこみます。

スリッパークラッチはシフトチェンジがとても楽しくなりますね。ヘルメットの中でニヤニヤが止まりません。
リアタイヤがホッピングする不安が減るので、ブレーキングに集中できます。軽くブリッピングして合わせてあげると、シフトダウンがスパスパ決まって実に爽快!


このつり橋を渡って、対岸のr331へ向かいます。
またまたスパルタルートへ突入するのです!


再びR462に復帰した後は、本庄児玉ICから関越道に入り、高坂SAで解散となりました。

まとめ

今日はGWとは思えないほど道が空いていて、快適に走りが楽しめました。
カラッとした空気と、花と新緑が萌える香りに一日中つつまれていたのも、気持ち良さを倍加させてくれました。

「今までのバイク人生の中で、ベスト3に入るツーリングでした!」

そう興奮気味に語るナオエさん。kurokiも同じ気持ちでしたよ。

また、高いテンションと速いペースで丸一日走りこんだおかげで、カスタムシリーズ2の効果がクッキリ見えてきました。次回の投稿で、効果検証の結果をまとめますよ!

本日のルート

ポイント・ルート スパルタ度 爽快度
関越道高坂SA
 関越道
関越道本庄児玉IC
 R462(十石峠街道) ★★★
道の駅 万葉の里
 R462(十石峠街道) ★★★
 R299(西上州やまびこ街道) ★★★
 r124 ★★ ★★
ぶどう峠
 r124
 r2 R141
 r480 ★★ ★★
レストハウスふるさと
 R299(メルヘン街道) ★+
 r192(ビーナスライン) ★+
 r40 ★★★
 r423(千曲川ビューライン) ★★★
 r153 r40
小諸市街(ランチタイム)
 r40 r130 r80 r79
上信越道小諸IC
 上信越道 中部横断道
中部横断道佐久南IC
 R142 R141 r93
雨川ダム湖
 r93 ★★★
 r45 ★★
 R299(西上州やまびこ街道) ★★★
 R462(十石峠街道) ★★★
 r331 ★★
 R462(十石峠街道)
関越道本庄児玉IC
 関越道
関越道高坂SA