東京モーターサイクルショウへ行ってみた

代休でお休みしていた今日、ちょうど東京モーターサイクルショウが開催されていたので、行ってみることにしました。


せっかくなので、MT-09でお台場まで移動です。
駐輪場にはギッシリとバイクが停まっており、否が応でもテンション上っていきます!


会場にやってきました。ワクワクするね!


kurokiのお目当ては、おねいさん達よりも…。


国内販売が開始されることになった、YAMAHA MT-10の実車を見たかったのですよ。この目でじっくりと。

MT-10


フロントマスクは良くも悪くも個性的。トランスフォーマーのバンブルビーに似ている印象。
でも、実際に見たら案外悪くないと思いました。各部の質感も高いですしね。


大型で情報量が多い液晶メーター。


ハンドルスイッチは豪華で多機能。
こういう目に見えて触れる部分の高級感って大事です。MT-09に比べて50万以上高いですからね。


なお、プラナスマフラーはただいま開発中で、発売されるかどうかも未定とのこと。
kuroki好みのデザインなので、MT-10を買ったら購入候補の筆頭に入りますな。

MT-10にまたがって、ポジションも確認しました。
ハンドルの幅も自然、ステップの位置も自然、シートの形も自然。
いたって普通のスポーツバイクで、スッと馴染みました。

でもやっぱり、実際に走らせてみたいよね。
YZF-R1(’09)に乗ってましたので、クロスプレーンクランクシャフトのエンジンフィーリングはある程度想像できます。
ですが、細かな味付けの違いは乗ってみないとわかりません。得てしてこの違いが、決定的な決め手になったりしますから。

オーセンティックモデル


MT-09用のオーセンティック外装セット


XSR900用にはヘリテージ外装セットRZブラックが。


デザインのまとまりのよさはさすがです。
プロのデザイナーの力量をまざまざと見せつけられます。


そしてこれ、FASTER SONSのXSR900。


様々なところがkurokiの好みのツボに、どストライク!
カフェレーサー、いつかは乗ってみたいなあ。

思った以上に楽しめた

他にもいろいろ見て回って、いろいろ楽しめたのです。


OVER Racingの新型サイレンサーにググッときたり(交換できそうだなあ)。


OHLINSの新正立フォークに萌えたり(TRX850に入れたいなあ)。


U-KANAYAのカラフルなブレーキレバー&クラッチレバーに、盆栽魂をくすぐられたり。


SHOEI X-Fourteenを試着してみたり(コース走行用のメットをそろそろ買い替えたいなあ)。


Sena 10Cという、カメラ内蔵Bluetoothインカムにそそられたり(ツーリング用にいいかも!)。


ダブルオーグラスギアで格安になっていたサングラスを購入したり。


こういうイベントは、普段見られないものが実際に見られて、楽しいですね!また来たい!