GW信州ソロツーリング 2017


7:00。上信越道横川SA。
これから志賀高原へ雪の回廊を見に行く、ソロツーリングへ出発です。
あわせてカスタムシリーズ3の効果検証もしちゃうのです。

なんか去年も同じようなツーリングをした気がしますが…気にしちゃいけませんな。
だって雪の回廊を見たいんだもんね!

信州中野

上信越道を寒さに震えながら淡々と移動。
信州中野ICで高速を降ります。


高速を降りる直前に見つけた、ステキな光景。
ついつい寄り道して記念撮影を。


雪化粧の山々と、満開の花々。
冬と春のコントラストを感じられて、胸がきゅーんとします。
ちなみに、撮影場所は千曲川沿いの土手の上です。

志賀草津高原ルート


志賀草津高原ルートを登っていきます。
去年に比べて、明らかに雪が多いです。これなら雪の回廊も期待できますな!


高度が上がるに連れて、雪が厚みを増していきます。


横手山付近は、ほら!こんなに積もってます!
ちなみに、壁の向こう側は横手山・渋峠スキー場。絶賛稼働中です。


横手山ドライブインにやってきました。
看板が…なにやらヤバい予感を漂わせていますよ。


「この先スノーシェード内 路面凍結 スリップ注意」
この立て看板は、ブラフじゃありませんでした…。


ギャー!凍ってるー!
そして、この先のスノーシェードの中には、雪だらけのところもありまして…。


なんとか転倒せずに、渋峠ホテルまで走ってこれました。ホッ(汗)。


日本国道最高地点を過ぎたら、今度は下りのワインディングロード。


一面の雪景色。絶景を堪能します。


やけに歩行者が多いなあと思ったら…。


ここが雪の回廊のハイライトでした。
MT-09を停めて記念撮影をしなくては!


MT-07の方もいらっしゃいましたね。
同じMT乗りとして、嬉しくなります。


万座道路への分岐点へやって来ました。
いやあ、今回の雪の回廊はすごかったなあ!

オートブリッパーの効果検証

万座ハイウエーに入りると、ハイペースのダウンヒル走行になります。
このルートは有料道路なので、交通量が少なく、思う存分走り込めるのです。
つまり、先日装着したオートブリッパーの威力を明らかにするチャンス!

ハイスピードでコーナーへ突入。
フロントタイヤに荷重を残す強いブレーキングを敢行。
同時にギアも落としていくと、「バン!バン!」と破裂するようなブリッピングサウンドを発し、スムーズにシフトダウンが完了します。

むはー!こりゃいいね!

街中ではわかりにくかったのですが、ワインディングロードを走り込むと、その威力を実感できます。
人間のブリッピングに比べて、瞬速で済んでしまいます。こりゃかないませんな。
そして、なにより気分がよろしい!

むふふ。次回のSUGO祭りが楽しみですわ。
特にメインストレートやバックストレートでのブレーキングで、一気に前走車をパスできそうです。

また、フロントブレーキ連動型ってのもステキ。
強いブレーキングと同時にシフトダウンしたときだけ、ブリッパーを意識すればいいので、とてもわかりやすい。
いつブリッパーが発動するの!? とビクビクする必要がないため、心安らかにシフトダウンできますよ。

小諸へ


R144をのんびり走り。


湯の丸高原を抜けるr94を走って小諸へ向かいます。


小諸の街に近づいてきました。


道の駅 雷電くるみの里に到着。


ちょうどお昼時なので、ランチにしましょう。
今日はいつものそば七は定休日。
なので、人気店の草笛 小諸本店へやって来ました。
ざる蕎麦、天ぷら、煮物、ごまおはぎがセットになった「そば定食」をいただきます。
蕎麦は細いけど程よくコシのある二八蕎麦で、ちゅるんと美味しく食べられます。そしてごまおはぎがグッドなのです。


食後はもちろん自家焙煎珈琲こもろへ。
こもろブレンドとレアチーズケーキは、いつも安定して美味しいのがすばらしい!
ホント、癒されるなあ。

そして、そしてお土産の珈琲豆を買って帰るのです☆

くねくねスパルタルート


食後はお楽しみ、r93のくねくねスパルタルート!です


さて、アタック開始。
道幅が狭く見通しの悪い舗装林道が、延々と延々と続きます。


うおー!砂利だらけ!キビシー!


はー、やっと南牧村まで降りてこれました。
浮砂とか落ち葉などのトラップ満載の、神経磨り減るハードなルートなのでした。


ここから先は、道幅の広い、快適なワインディングが続きます。


川の駅上野で、一休止。
頬を撫でる風が、爽やかで気持ちいい。溶けそうです…。

帰路

さて、帰りのルートはR462(十石峠街道)をチョイスして、東京へ戻ります。


突然現れた鯉のぼりの大群に目を奪われます。
こいこいあいランドの「鯉のぼりまつり」だとか。


そしてまた、神流湖を渡っていき…。


r331のくねくねスパルタルートをアタックするのですよ!


おっと、せっかくなので下久保ダムへ寄りましょう。


利根川水系では矢木沢ダムと並ぶ巨大ダムなのです。
貯水率のチェックを隠れた趣味にしている、ダム好きのkurokiにとっては注目の存在でありますが…ええ、理解されないのはわかってます。ほっといてくださいw

下久保ダムから皆瀬町へ降りていく舗装林道で、さらなるくねくねルートを堪能した後、花園ICから関越道に入ります。


しかし…関越の大渋滞が待っておりましたとさ。とほほ(汗)。