Bluetoothインカム

kurokiはヘルメットにBluetoothインカムを取り付けて、ライディング中にBGMを楽しんでいます。
通話については、まあ滅多に使いません。99%はBGMのためです。

同じように楽しまれている方は、きっと多いんじゃないでしょうか?

そんなわけで、今回はBluetoothインカムの話題でいきましょう。

使用中のインカムはSENA S20


kurokiが使用しているインカムは、SENA S20です。
4年ほど愛用してきたSENA SMH10の後継機種として導入しました。



S20とSMH10の比較の図。
S20はスタイリッシュでサイバーな感じですな。


SENAの魅力は、なんと言ってもジョグダイヤルです!

kurokiが最初に手にした携帯電話はSONYのジョグダイヤル機でして、それ以来ずっとジョグダイヤルのファンなのです。
大雑把でも細かくも操作できる操作体系が好きで、SMH10もジョグダイヤルだから飛びついたほどです。

それ以外の魅力は、耐水設計とファームウェア・アップデートが頻繁にあることでしょうか。
発売当初は不具合が目立ちましたが、更新版が提供されるたびに品質は安定していき、現在のv1.5はそれなりに安定して使えています。

なお、これらもウリの機能とのことですが、kurokiにゃまったく関係ございませぬ。

  • デュアルBluetoothモジュールシステム
  • オーディオマルチタスク機能
  • インカム使用時のノイズ削減機能
  • 8人同時インカム会話機能
  • 最大2.0kmの通信距離
  • 2台の携帯電話とペアリング、マルチ接続機能
  • ボイスコマンド機能
  • FMラジオ機能

だったらDAYTONAの聴くだけBluetoothにすればいいじゃん!
という意見もありましょう。いやいや、全くもってその通りでございます。

操作体系がジョグダイヤルであればね☆

普段の運用方法

基本的にiPhone 6sとインカムをつなげています。

MT-09にはGARMIN zumo660ってナビを装着していますが、これとはつなげてません。
だって使えないんだもん!

休憩の時は、インカムの電源を切ってペアリング解除。再び走り始める前にインカムの電源を入れて、各機器と再ペアリングするのですが、実はここが鬼門。
iPhoneは自動でサクッとペアリングが再開されますが、zumo660は手動で接続しなきゃいけません。
しかも、メニュー階層が深いところにあるので操作がダルいし、ペアリングが遅い遅い!マジ遅い!

イライラするので、zumo660との接続するのをやめたら、あら不思議。
すこやかで心安らかなバイクライフが戻ってきましたよ。
道案内が聞こえないなんて、ささいなことでありますがな。

なおiPhoneも、BGMの再開まではしてくれないのは面倒です。
インカムを通じてSiriが言うことを聞いてくれればなあ…。
今まで一度も認識に成功したことがありませぬ。

BGMの音質は、まあまあのレベル。
もっとも、ゴウゴウと言う走行風の中で走りますので、音質は一定レベルであれば問題あらしません。

用途をざっと挙げると、ホント基本機能しか使ってないことに気づきます。

  • BGMの再生・停止・早送り・巻き戻し
  • ボリューム調整
  • インカムの電源ON/OFF
  • 通話終了

ますます最新機種なんていらない気が(汗)。
ぶっちゃけ、前機種のSMH10のほうが安定して使えていましたし。

マジで前機種を買い直そうか、と考えているほどですよ☆