春秋用ジャケットを探し求めて

ライディングジャケットを、ずっとずっと探していました。
夏用はメッシュジャケット、冬用はアウトドアジャケットがあるのですが、春秋用のジャケットが無いのです。

そのポジションに近い、革のライディングジャケットを持っています。
しかし、走行中の風が強いとひどくバタついて、上体を激しく揺さぶる特性があるのです。率直に言って、かなり気分が悪い。
購入元のPAIR SLOPEに相談したところ、「革ジャケットはそういうもんです」と諭されましたが、腕を絞るアームバンドを縫い付けてもらいました。
若干症状は改善されましたが、結局インナーを着込んでピッチリした状態の冬用ジャケットとしてしか使用しませんでした。

そして、昨年の転倒でこの革ジャケットを破損してしまい、春秋用のジャケットのポジションがぽっかり空いてしまったのです。

  • 繊維ジャケット
  • 温かい春秋用(防寒はむしろ不要)
  • 着心地が軽い
  • 軽いプロテクションがある
  • 軽い防水を備えている
  • バイクを降りて街中を散策しても浮かない

そんな条件に合うジャケットを、ずっと探していました。
先日和光2りんかんへ行ったとき、いくつかジャケットをみつくろったんですが、専属ドレッサーの嫁から「おっさんくさい!」と一刀両断されてしまいました。
本腰を入れて、HYODRS TAICHIGoldWinなどのアパレルメーカーのリサーチを開始。

ようやく嫁のOKが出るジャケットが見つかったのです!

GWS ウインターフーデッドジャケット


GWS ウインターフーデッドジャケット アーミーグリーン×ブラックになります。
ちなみに、和光2りんかんで買ってきました。


後ろから見るとこんな感じ。
アウトドアジャケット風な感じなので、街中を散策しても浮かずに済みそうです。

なお、夏用のメッシュジャケットもGoldWinなので、胸用プロテクター背用プロテクターを使いまわせるのも助かります。

RS TAICHI WPヒップバッグ

ついでに、なんとなく使い続けていたウエストバッグもアップデートしちゃいました。


右のがRS TAICHI WPヒップバッグです。


GoldWinのジャケットに合わせてみると、こんな感じになります。

WPヒップバッグは、防水メイン気室と非防水前面ポケットに分かれています。
普段は開け閉めが簡単な前面ポケットを使い、雨天時は濡れては困るものを防水気室に移すという、割り切った設計をされています。
この割り切りがとても気に入りました。kurokiの利用シーンに、ぴったりフィットしますし。


前面ポケットには、財布・キーケース・スマホなどを無駄なく収納できます。


防水気室に貴重品を移すと、こんな感じになります。
小分けがないのでバラつきますが、めったに使わないので、これでもよろしい。


バイクのキーも、前面ポケットから伸びたストラップにぶら下げられます。
休憩時に定位置に収めやすいので、出発するときにキーはどこ?と慌てることも減りそう。

次回のツーリングが、楽しみですな☆